男性

仕事が捗るオフィスデスクの配置術|業務効率化

効率化と無駄をなくす設計

オフィス

オフィスの移転をきっかけにオフィスレイアウトを斬新なものにしようと試みる企業が多くなっています。最近のオフィスでは限られた空間をできる限り有効に活用するようなスタイルが主流になっています。その一つがフリーアドレスレイアウトです。固定された席がなく、好きな席を自由に利用することができます。社内ではWi-FI環境が整っているため、ノートパソコンを利用して好きな席を利用するのです。日中外出している営業職などが夜に社内作業を行うのに最適な環境となっています。使用されることのない日中は打ち合わせや会議スペースとして有効に利用されるため、限られたスペースの有効活用につながるのです。そのほかの職種は固定席となりますが、ここでも一人当たりの空間を考慮しています。

オフィスレイアウトを考慮するうえで一人当たりのスペースは心理的効果も左右するため重要になっています。横幅が重要と考える人が多いのですが、最も重要なのは高さです。開放感に影響を与える要素になっているため、オフィスレイアウトを考える前に天井高を意識することが最も重要なポイントです。また個人で仕事を進める形の職種とコミュニケーションを図りながら進める職種によってオフィスレイアウトは大きく異なります。仕事を進行させるのにストレスにならない環境を作ることで効率は驚くほどアップするのです。また日常的に使用しない空間を会議スペースや研修スペースなどに変更できるようにフレキシブル設計にすることもスペース節約につながります。