ウーマン

仕事が捗るオフィスデスクの配置術|業務効率化

作る時のコツ

パソコンと机

オフィスデザインをするというのであれば、第一にそこで働く人のことを考慮したいので、動線をチェックしましょう。それから働きたいと感じてもらえるようにしたり、お客様のために職場の活気を感じてもらう、逆に余計なものは見せないなどの工夫をして、専門家からアドバイスをもらうと良いでしょう。

詳細へ

効率化と無駄をなくす設計

オフィス

オフィスの移転に伴い、オフィスレイアウトを変更する会社が多くなっています。最近は固定席という概念がなくなりスペースを有効活用するためのフリーアドレス設計やフレキシブル対応が可能な設計が主流になっています。

詳細へ

会社の家具

会社

現在の形になるまで

会社には必ずオフィスデスクというものが配置されています。パソコンの作業を行ったり、事務仕事をするときに非常に役に立っています。このオフィスデスクですが、昔からこのような形で配置されてきたと言うことではありません。18世紀の産業革命によって、オフィスデスクを使って書類を処理すると言うことが行われるようになっています。この当時はすべて同じ向きにおくというのが主流となっていました。しかし会社の数が多くなってくるにつれ、この様子に変化が発生します。個人の席をパーテーションで仕切るというように、空間を大切にしたり、対面式でオフィスデスクを配置するというようなことが行われるようになります。日本では狭い空間をいかに活用するかと言うことで、対面式が普及しています。

利用するメリット

オフィスデスクを購入すると言うことがありますが、ここにはいくつかのメリットがあります。それは永久的に利用をすることができるというものではありませんが、使い方によっては長い期間利用することができる可能性があります。したがって購入をする際には注意をしなければいけないことがあります。それはオフィスのレイアウトの変更や事務所の移転などが行われるときに、すべて購入すると費用が高くなってしまう可能性があります。したがって経年劣化する家具の買い替えなどをしっかりと把握しておく必要があります。人気の高いシリーズのものを購入したり、大手メーカーのものを購入するようにします。これで新しいものを購入するときに、再び同じ物を購入することができます。

大型のオフィス用品

仕事する人達

大型のオフィス家具は重量があり、倒れないようにしっかりと固定することが大切です。購入する際には業者による備え付け作業が必要かどうか確認しておきます。また、配置を工夫することでオフィスを仕切る役目もします。

詳細へ